債務整理について
メインメニュー  トップページ ご利用案内 お問い合わせ 会社概要 リンク
借り換えと任意整理


ローンを組んで毎月決まった日に返済を行っていくのですが、複数から借入れを行っている場合、利息や返済日を一本化できるのが借り換えです。

 

借り換えはとても便利な反面、注意しなくてはならないことがあります。

まず初めに、借り換え後に毎月支払う返済額です。

返済を少しでもスムーズに行いたいということで借り換えをしたのに、毎月の返済額が変わらないケースがあります。なぜなら、個々の借金額は少なくとも一つにまとめることで、その額は必ず増えます。増えた分、利息が減ったとしても、利息はその返済額に影響するので、増えることも十分考えられるということです。事前に計算する必要があります。

次に、複数ある借入れの中で、長期間にわたり取引があった場合、多くの確率で利息制限法以上の借入れがあり、その分を減額可能かもしくは、過払い金が発生するでしょう。しかし、借り換えを行ってしまうと、新しい契約になるので、減額を受けることが、過払い金が発生することはありません。そのため、借り換えを行うべきか、そうでないかをしっかり計算する必要があります。人によって借金は違いますので、じっくり考えましょう。


債務整理について

■債務整理

任意整理とは
特定調停とは
民事再生とは
自己破産とは
失敗しない債務整理
自己破産と任意整理
特定調停と任意整理
借り換えと任意整理


■金融業者について

消費者金融
クレジット信販
高金利業者
商工ローン


■それぞれの債務整理


ご家族の借金救出
女性の債務整理
公務員の方


■借金の原因

借金の原因1
借金の原因2
借金の原因3
借金の原因4
借金の原因5


■ご質問と回答

ご質問と回答1
ご質問と回答2
ご質問と回答3
ご質問と回答4
ご質問と回答5





リンク